介護なら避けることができる重篤な人のケア

看護師として働くことを長らく思い描いて育ってきた人の多くは、医療業界で働こうと考えます。病院やクリニックで患者を相手に看護を提供していくことになりますが、その仕事が肌に合わないと感じることもあるでしょう。患者の身の回りのお世話をするということを中心に行っていくことを想像していた人にとって、チーム医療として医療にしっかりと従事していくということが重荷になることもあるのです。その典型的なのが、終末医療に関わるときや難病のコントロールに従事するときだと思います。見るからに痛々しい状況の患者を、長きにわたってお世話していかなければならないという状況に耐えかねてしまう人も稀ではありません。このような心労が重なると、仕事が嫌になってしまうことすらあります。そういった現場を離れたいと考えて介護職を目指す人もいますが、それでも同じような現場に出くわしてしまう場合があるのです。高齢者を相手にするのが介護職であり、老衰や病気によって亡くなってしまう方も多くいます。こういったつらい場面に出くわしてしまうのは、看護師としての仕事をする上では避けにくい面があります。しかし、介護の場合にはグループホームで働いたり、リハビリを専門とする福祉施設で働いたりすると、比較的重篤なケースを相手にしなければならないという状況を避けて通ることができます。そうでありながら、看護を専門とする立場としての役割を果たしていくことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です